-天気予報コム-
明倫塾

[更新]  [トップ]  [談話室の使い方]  [検索]  [携帯用アドレス]  [会員コーナー]
【 連 絡 事 項 】
☆12/01(土)昇段昇級審査・忘年会/稽古開始は17:30〜
☆12/08(土)特別稽古
☆12/25(火)稽古納め
☆01/05(土)稽古初め

Name パスワード
題 名 アイコン [アイコン参照]
内 容
添付File
文字色
認 証 入力欄に右の単語を入力してください (半角入力)

・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。
・不正侵入防止のため 一部プロバイダーから投稿出来無い場合も有る様です
 対処致しますので 1時間ほど 間を空けてから 再度書込みをお願いします。

2018年稽古納めと2019年稽古初め  副道場長 さん     
62.gif
2018年の稽古納めは
12月25日 火曜日

2019年の稽古初めは
1月5日 土曜日

と決定しましたので宜しくお願いします。

No.6915 - 2018/11/11(Sun) 18:05


もっと近づかないと  草々 さん     
blank.gif
身体を有効に使った稽古をするために、手足をできるだけ自分の中心に近いところで使いたいと思う。自分から離れたところまで、手足を持っていって使うと、力が伝わりにくいから。
それが姿勢を良くしなければならない理由だと思う。
特に技のスピードが速くなったり、投げ技になると、相手が自分から離れてしまい、自分が相手から離れてしまい、技が効かなくなる。
昨夜は、転身や回転投げなどの稽古の中で、そんなことを感じました。
円転の中心に入ることの難しさ、大切さを改めて感じました。
相手と離れないために何をするか、それをまた考えなければならないのですが。

No.6911 - 2018/11/04(Sun) 10:20

居着くことの弱さ  幹事長 さん     
blank.gif
稽古中に居着くことがある。右に捌くか、左に捌くか迷うようなときに、すっと動けない状態になる。たぶん信号がいったん脳に飛び、どちらに捌くべきか考えている瞬間であろう。
馬の骨さんが指導されるときには、この居着きを無くすために、相手の中心に捌く技を行うことがある。非常に合理的である。

物事の考え方にも居着きが生じることがあり、概ね良からぬ方向に行っている場合が多い。信条とか信念とかいうとかっこいいが、別の側面から考えると「変なこだわり」であったり「拒絶を正当化するための言い訳」であったりする場合がほとんどのような気がする。

土曜日の稽古後に、若手二人を引き連れて有志で焼き肉を食べに行ったが、頭の柔らかさを感じた。身体が柔らかいように頭も柔らかいので、考えを居着かせることがなくて、色々な情報や、人の意見や、おやじギャグですら吸収する余裕がある。未来に挫折するようなことがあっても乗り越えられる力を感じた。自分の能力を信じて失敗を恐れずに、なんでもトライしてほしい。

「身体も心も居着かせずに、ただただ稽古に打ち込む」 大切にしたい心構えである。

No.6912 - 2018/11/06(Tue) 09:04

Re: 居着くことの弱さ  草々 さん     
blank.gif
居着くことを考えていたら、昔、山口師範の言われたことばを思い出しました。正確に覚えていませんが、内容は
「知恵のあるものが、知恵に頼らず、力あるものが力に頼らず。そうすることで、力は力としての、知恵は知恵としての本来の働きを生かせる」
であったと思います。

稽古をするうえで、仕事を、生活をするうえで、人と上手くコミュニケーションできない、こちらの思いが通じない難しさを日々感じます。
力や、知識、過去の経験に頼っているのかな、考えが居着いているのかな、自分が正しいと思い込んでいるんだろうな、そんなことを反省しますが、でもまだ、体も心も居着いているんでしょうね。

「傲慢だ。自分が正しいと思い込んでいる。」祖父江師範の言葉も聞こえてきます。
そんなことを振り返ることのできる稽古は、やはり自分に大切なものです。

No.6914 - 2018/11/11(Sun) 15:03


11/23祝 気分を変えて道場外で稽古  幹事長 さん     
blank.gif
11/23祝 気分を変えて道場外で稽古

11月23日(祝 金) 9:00-12:00の間、明倫塾道場を離れて名古屋駅近郊にて自主稽古を行います。
3時間の参加が必須ではありませんので、参加できる時間帯に出席ください。

詳しい開催概要は、はねさんにお尋ねください。

特に12月1日に昇段昇級審査を予定している方は、疑問点や不明な点を先輩方が説明してくれる良い機会ですのでご参加ください。
また、審査を受けられない方も、なかなか稽古に来る時間が取れない方も、基礎復習の良い機会ですので奮ってご参加ください。

なお、自主稽古という形態ですが、明倫塾主催として行います。

No.6913 - 2018/11/09(Fri) 18:28


【変更点あり】12月1日 昇段昇級審査時刻  幹事長 さん     
blank.gif
【変更点あり】12月1日 昇段昇級審査時刻

12月1日(土)の昇段昇級審査の時刻等は以下に変更します。

17:30−19:30 昇段昇級審査と稽古 於:明倫塾道場
20:00−22:00 忘年会 於:道場1F 会費2000円

No.6910 - 2018/10/31(Wed) 11:50


稽古の課題  草々 さん     
blank.gif
日々稽古を行う中で、気を付けているつもりだが、中々できないことが多い。
指導を行う人からも度々説明があるが、
例えば、
@ 手は体の前(身幅)で使う
A 姿勢を良くする(腰を曲げない)
B 顔、頭、足(三先)の向きを同じくする
などがある。

極めて理解し易く、身体の機能を有効に使うためにはどれも重要なことでありながら、これが中々できない。一つの課題を持ち続けて稽古することは難しい。
目の前で、稽古する技を示された瞬間、よほど注意していないと忘れてしまう。
一つづつでもいい。忘れず、注意し続けて稽古したいものです。

No.6908 - 2018/10/27(Sat) 16:53

日曜日の稽古  幹事長 さん     
blank.gif
先週の日曜日に三重で合同稽古に参加させていただき、木曜日は築地で、土曜日は千葉で稽古をさせていただきました。
その筋肉痛が治らないうちに、昨日の道場長の稽古に参加しました。

正面打ち二教の裏の動きから小手返しにつながる動きにもなる。小手返しは手首をぐいぐいやって痛めるものではなくて、本要は気持ちいいんです。と三重で言われたことの延長となる稽古でした。
しっかりと相手の中心を捉えていれば、技は痛くないはずであり、痛い技は本質を捉えていない。・・・少し忘れていました。
肝に銘じて稽古を続けます。

No.6909 - 2018/10/29(Mon) 07:48


【修正/期限あり】11/4稽古休み&県連講習会、12/1昇段級審...  副道場長 さん     
blank.gif
【修正/期限あり】11/4稽古休み&県連講習会、12/1昇段級審査&忘年会、12/8特別稽古&懇親会

11月4日(日)
愛知県連の講習会があります。場所が例年と異なりますので、各自道場の掲示でご確認ください。
明倫塾の稽古はお休みになります。

12月1日(土)
昇段級審査をまとめて一日で行うことになりました。開始時間を早める可能性がありますので、掲示板を時々チェックください。
審査申し込みを道場長に提出ください。
稽古後に忘年会を行います。道場内で開催できるように調整です。参加者は【11月17日】までに道場内のリストに名前を記入ください。
会費は2000円程度を目標にしています。

12月8日(土)
18:30-20:30特別稽古@明倫塾道場
21:15-23:00懇親会@金山周辺の居酒屋 参加費5000円
懇親会の参加者は【11月17日】までに道場内のリストに名前を記入ください。

No.6907 - 2018/10/22(Mon) 07:22

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

[過去ログ] [管理用]

- Joyful Note - i-mode改 レッツPHP! zut.jp