[掲示板に戻る]
過去ログ[10]

過去ログ:
ワード検索: 条件: 表示:


[6807] ち、ち、ち、ちんねんが、く、く、く、くんねん 投稿者:幹事長 投稿日:2018/01/13(Sat) 05:13
1月20日の土曜日にちんねんが稽古に参加されます。稽古後に有志で飲み会をやりますのでご予定下さい。

[Res: 6807] 特技 投稿者:門下生 投稿日:2018/01/13(Sat) 11:07
会うと何故か周りを朗らかにしてくれるんです。

お待ちしてます。

[6805] 無理はいけませんね 投稿者:草々 投稿日:2018/01/10(Wed) 17:32
「そろそろ2018年を始めたいな」今日はそんな気分です。
帰省中に、普段役割を果たせていないことを頑張ってやらなければと、張り切り過ぎたのかも知れません。年明け早々、インフルエンザにかかってしまいました。家族の中で1週間隔離され、子供の頃以来の高熱に驚き、布団の中で過ごしました。
今週から仕事は始まってますが、スローペースで、元の生活に戻れるようにリハビリしてます。稽古は、今週末からの再開を目標にしたいと思っています。 
[Res: 6805] くれぐれも 投稿者:門下生 投稿日:2018/01/10(Wed) 23:19
お大事にしてください。

[6804] 自然体で稽古する 投稿者:幹事長 投稿日:2018/01/08(Mon) 18:43
生活の中に根差した合気道にするためには、技が自然体でなければならないように、稽古への姿勢も自然体であるべきだと考えます。仕事や家庭の事情、健康状態を鑑みて、無理のないように稽古していきましょう。
また、ブランク明けの助走期間は出来る技の取りだけでもいいと思います。膝が悪くて座技ができなければ立ってやればいいし、痛いところがあれば相手に伝えて手加減してもらえばいい。出来ることから少しづつ、少しずつ。お待ちしています。

ところで草々さんは治りましたか?

[6800] 2018年はアバンチュール 投稿者:黒餃子 投稿日:2018/01/01(Mon) 11:52
みなさん、本年も宜しくお願いいたします。
元旦の朝からジョギングをして帰宅すると、すでに年賀状が届いていました。その中の私宛の年賀状に一枚だけ差出人が裏にも表にもないものがありました。
猫の写真と和服の20代と思われる美しい女性が伏し目がちに写っている
写真に、三行の短い文章が添えられていました。
家族からは「どこの女だ!怪しいな!これか(小指を立てて)!」と攻められ。
自分としては「どこかのスナックのチーママかなあ?記憶がない。けど、自宅の住所を教えるかなあ。でも、うちの猫の名前が書いてあるから親しい人???」と真剣に脳を働かせながらも、なんとなくうれしはずかし、楽しい時間を過ごしました。
誰なのか思い出すために再びその年賀状を手に取ると、なんと二枚に剥がれ、家内への宛先と差出人名が現れました。

ぬか喜びの元旦となりましたが、2018年はアバンチュールなよい年になりそうな予感がしました。
[Res: 6800] 昨年も無事年越し出来ました 投稿者:門下生 投稿日:2018/01/02(Tue) 15:12
あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。
[Res: 6800] Re: 2018年はアバンチュール 投稿者:療養中 投稿日:2018/01/07(Sun) 09:30
明けましておめでとうございますm(__)m

稽古始めの御挨拶に伺い、
改めて道場の良さを肌で感じています。

皆さん、磨きがかかり
早く復帰したくて、仕方ありません。

御言葉に甘えて、
ゆっくりと早目の復帰を画策中です。

皆様、また、よろしくお願いしますm(__)m
[Res: 6800] バナナ、たまご、ピンポン玉 投稿者:復帰お待ちしております 投稿日:2018/01/07(Sun) 20:12
ゆっくりと、ゆっくりと、短い時間(たとえば15分間)でも良いから始められると良いですね! 今年もよろしくお願いします。

[6796] 新畳で2018年を迎える 投稿者:幹事長 投稿日:2017/12/27(Wed) 09:48
昨日は急遽残業が入り、稽古納めに参加できず深く反省をしている幹事長です。
わが実家は明治創業の畳屋で、昨日は「年末までの仕事が一段落したから」ということで、自宅の居間の畳替えをしてもらいました。最近の住宅では畳敷きの部屋の比率が下がっており、また昔のように「新年は新しい畳で」とか「お盆は新しい畳で」という考えがなくなりつつあるほど、大家族が盆・正月に集まらなくなったり、外部で済ませられるような飲食店や施設が出来てきたりしています。
残業を終えて帰宅すると、家の中の香りの違いに気づきました。新畳の香りで満たされていました。ずっと畳屋で育ったので、この香りに気づくことはほとんどなく、子供のころに店先で手伝いをしていると、お客さんが「畳屋さんはいい香りね」って言いながら入ってくるのに対して「何の香りだ???」といつも思っていました。
久しぶりに忘れていた香りに出会った気がしました。うちの80歳になる親父が「畳と女房は新しいほどいい」と口癖のように言っていたことを思い出しました。
だから何なの?ですが、来年も皆様にとって良い年でありますように。
[Res: 6796] Re: 新畳で2018年を迎える 投稿者:古女房も良いもんだ 投稿日:2017/12/28(Thu) 18:11
幹事長が稽古納めに参加出来ず残念でした。
最後にあのタイツ姿を見たかった。

社会人の方は仕事、学生の方は勉学やバイト、特に女性の方は家事もある中で道場に通うということは強い意志が無いと難しいと思います。
楽しいだけでは続かないと思います。
お互いにそんな環境がわかっているから、顔を合わせたときに共感し合えるのかな?

そんな場所にまた行きたいと思いますので、来年も宜しくです。
[Res: 6796] 1 年間お疲れ様でした 投稿者:幹事長って何? 投稿日:2017/12/29(Fri) 13:07
幹事長殿

一年間本当にお疲れ様でした。

幹事長の献身的な活動、気遣いがあって、我々は安心して稽古することができた気がします。

つまらないギャグ、見苦しいタイツ、品のないトークなどマイナス面をはるかに上回る功績に改めて感謝いたします。

だからたまにはクビにならない程度に仕事していただければと思います。

よいお年をお迎えください。

[6794] ありがとうございました 投稿者:maomao 投稿日:2017/12/24(Sun) 23:09
昨日、5年ぶりに昇段審査を受けさせていただきました。
9月の偲ぶ稽古会を経て、審査を受ける気持ちが固まりました。

それからはできないことや、わからないでいる自分に改めて気づかされる日々でした。
そんな自分を突きつけられるのがいやで、審査から遠ざかっていたんだと思います。

塾生のみなさんにたくさん助けていただきました。
できないことばかりの私に根気良く付き合っていただきました。
ありがとうございました。

審査までの稽古でいろいろな気づきがありました。
それらをまずはこれからの課題として、
弐段として、ちゃんと立てるよう、これからも精進していきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。
[Res: 6794] 2017年師走 投稿者:幹事長 投稿日:2017/12/25(Mon) 13:03
12月23日の昇段昇級審査お疲れさまでした。稽古に審査に忘年会に二十数名が集まり、道場二階で開催する恒例の忘年会は仕方なくも立食としました。(初の試みでした!)席の決まっていない立食は意外に良かったです。若人は、つまらなくてくどい親父の会話から逃げることができました。親父は、逃げる若人に話の続きを聞かせるために、執拗に追いかけることができました。普段あまりディープな会話をしていない面々も、ゆっくりと話ができたようです。また、頭に産毛が生え始めたように見えた〇島さんには、往復1.2キロの道のりを急遽灯油を歩いて買いに行っていただきました。塾生のみならず、多くの遠方の方々より差し入れもいただきました。三か月も歌っていないという道場長の替え歌にも感動しました。
翌12月24日の大掃除には多くの方に集まっていただき、効率の良い掃除ができました。役に立たないと思っていたさんちゅうさんが非常に役に立ったとお聞きしています。
2017年も明日の稽古納めを待つばかりになりました。心技体共に成長された塾生の皆さんとともに、腹周りだけ成長させながら今年も感謝です。